産婦人科で働く看護師の役割

転職を考えている看護師の中には、産婦人科を希望している方もいると思います。産婦人科は命の誕生と関わることができる仕事なので、働くことで幸せを感じることができます。今までの経験を産婦人科で生かしていきたいと考えている方もいるでしょう。その産婦人科で働く看護師の役割とは、どのようなものなのでしょうか。
産婦人科というと、妊娠や出産に携わる仕事ばかりをイメージするかもしれませんが、実際には婦人科系の疾患や病気を抱える方も来院します。今では、女性特有の検査などを受ける方も増えてきており、こういった検査のサポートも必要となります。出産に関しては、晩婚化により高齢出産のケースも多く、様々な場面に立ち会うことになります。患者さんは、それぞれさまざまな不安を抱えているので、同じ女性として患者さんをサポートしていくことが大きな役割となるでしょう。女性同士であるからこそ、患者さんも相談しやすいかと思いますので、優しく聞き入れてサポートしていくことが重要です。女性疾患で来院された患者さんは特に、誰にも相談できずに悩んでいる方が多いので、親身になって話を聞くということも大きな役割といえます。
産婦人科で働く看護師の役割は、一般的な看護師の仕事の他に女性ならではのサポートもあります。患者さんによって抱えている悩みや不安は変わってくるので、それぞれの状況を把握しながらサポートすることができれば理想的です。看護師の存在により患者さんが安心してくれれば、仕事としてのやりがいも大きくなるはずだと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です